チワワの病気と寿命

チワワの病気

チワワに多く見られる病気をいくつか挙げてみます。

水頭症(すいとうしょう)
脳の中の脳脊髄液が溜まりすぎて脳が圧迫される病気です。
先天性の場合が多いですが、症状が無い場合もあります。
症状が出ないうちは早急な治療の必要はありまん。

こんな症状に注意です。
しっかり歩けない、壁に頭を打ち付ける、食欲の異常、攻撃的になる。
などです。

てんかん発作
突然硬直して倒れてしまい、意識を失ったり、泡を吹いたり失禁してしまったりします。
たいていの発作はすぐに治まりますが、何度も繰り返す様だと命にかかわります。
何かしらの原因が脳に異常を与えていますが、特定が難しい場合が多いです。
病院での検査・治療が必要になります。

また発作が起きた時は、慌ててしまって押さえつけてしまったりしてはいけません。
発作で動き回る周囲に気を配って、騒がずに見守りましょう。
(音に反応してしまう場合もあるので大声で名前を呼んだりしない方が良いです。)
通常30秒程度で治まります。
長引いたり繰り返す様なら出来るだけ早く病院へ連れて行ってあげて下さい。

気管虚脱(きかんきょだつ)
気管が潰れて呼吸しづらくなって咳が出ます。
「ガーガー」「ゲーゲー」「グーグー」といった感じの咳が続く様なら呼吸困難の危険があります。

原因は特定されていませんが、過度な興奮、肥満、暑さなどに注意が必要です。

膝骸骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)
後ろ足の膝のお皿を支える部分が脱臼してしまう病気です。
先天的なものが多い様ですが、高い所から降りたりして後天的に起こることもあります。

繰り返し脱臼していく内に痛みを感じなくなってしまい、
脱臼したり戻ったりを繰り返し、最終的に脱臼したままになってしまいます。
足を軽く引き摺って歩いたりします。

普段から部屋の段差に気をつけてあげて下さい。
ソファーから飛び降りたりも良くないです。

角膜炎(かくまくえん)
くりんとした目が特徴のチワワだからこそ、目のトラブルには気をつけてあげて下さい。
目に異物が入ったり、ぶつけてしまって傷が出来たりして角膜が炎症を起こしてしまうことがあります。
軽症のうちは抗生物質や外用薬で治りますが、
気づかず放っておくと手術が必要になったりしてしまいます。
常に目に異常が無いかチェックしてあげて下さい。

チワワの寿命

チワワの寿命はおおよそ14才~15才といわれます。
もちろん個体差があります。
少しでも長く幸せな暮らしが出来る様に、
飼い主の貴方が見守ってあげて下さい。